Excelの自宅で速習、集中自分講座の案内

 

自宅で、Excelをコツコツ毎日学習するのもひとつの方法です。

 

 

会社でのお昼休みの10分から15分を学習に当てるのも有効です。

 

 

もしくは、連休の2〜3日間を、自宅で集中して速習、学習に当てるのはとてもオススメな方法です。

 

 

そこで、何より重要な、先生である教科書選び! これは、学習の為の大切な準備期間です。

 

 

ちなみに、わたしくしごとですが、私が最初にMicrosoft Officeを学習した本は、

初級の講習では、派遣会社さんの作成してくれたテキストで、

中級の講習では 日経BP の

 

「Microsoft EXCEL2000 セミナ-テキスト 応用編」

「Microsoft WORD2000 セミナーテキスト 応用編」

 

を使用した講習でした。

 

 

その後、自宅でExcel・Word それぞれ、1日かけて復習を2度ほどしたあたりから、会社ではExcelもWordも使える人として頼りにしてもらえるようになりました。

 

 

 

アマゾンでこの本を検索してみると、星が4つから4.5くらい付いていて、レビューも参考になり、

 

 

「日経bp セミナーテキスト」で検索してみると、他にも VBA や ACCESS PowerPoint 他 MOS のテキストなど、たくさんの種類があり、いくらでも自分で勉強できるんだということを知った瞬間でした。

 

 

それからは、まずはアマゾンで「Excel 本」などで検索した後、レビューの評価順で並べ替え、

 

 

まずはレビューを読ませてもらう、目次や「なか身!」をじっくり見る、

 

 

楽天ブックスやhontoなどのレビューも読ませてもらう、

 

 

など、トコトン納得の行くまで絞り込んでから購入 → 学習するようになり、

 

 

JwCAD や AutoCAD 、Excel VBA も使えるようになり、仕事でも使わせてもらえるようになり、

 

 

AccessVBAスタンダード の資格や、LPICレベル1に合格することができました。

 

 

あと、HTMLとCSS も勉強し、サイトも作れるようになっています。

 

 

Excel 学習のオススメの本は 富士通エフ・オー・エム株式会社 (FOM出版)  のものも、ずっと人気があるようなのですが、

 

 

私は現在でも、「日経BP のセミナーテキスト」を基礎から応用までオススメしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA