自宅学習で AutoCAD LT 中・上級者を目指す

 

独学でも、AutoCAD LT の中・上級者にだってなれる!

 

 

2次元と3次元のCADである「AutoCAD」その廉価版とも言うべき2次元機能のみの「AutoCAD LT」

 

 

この「AutoCAD LT」にはたくさんの機能が備わっており、線をひく、作図をする、といった初級から、ペーパー空間でのレイアウト・印刷、画層操作・ペン設定から、

 

 

AutoCAD ほどではないけれど、3次元空間での作図も描ける機能もあり、マクロによる自動処理も組み込めるようになっています。

 

 

こういった初心者を脱出できる内容がわかりやすく記載された本が

 

 

AutoCAD LTパーフェクトバイブル 2000 2002 2004

2003/10/02 翔泳社

 

AutoCAD LTパーフェクトバイブル 2008 2007 2006

2007/09/19 翔泳社

 

 

なのですが。

 

 

この本は パーフェクトバイブルというだけあり、初級編・中級編・管理者編に加えてマクロ(カスタマイズ)の使い方も入門程度ではありますが、説明が載っています。

 

 

私は大量な連続作業には入門程度でも、大いに役立ち助けてもらいました。

 

 

Auto CAD LT パーフェクトバイブル 2008 2007 2006 の目次を翔泳社さんのサイトより大まかなに引用させて頂きます。

 

 

START AutoCAD LTについて

Chapter 00 AutoCAD LT2008で追加された新機能

Chapter 01 AutoCAD LTの基本操作

Part 01 作図から印刷まで(初級編)

Chapter 02 平面図の作成

Chapter 03 立面図・求積図の作成

Part 02 CADマスターへ(中級編)

Chapter 04 座標系とユーティリティ

Chapter 05 3次元の作図

Chapter 06 レイアウトと印刷の詳細

Part 03 ステップアップ(管理者編)

Chapter 07 テンプレートの設定と各種設定

Chapter 08 カスタマイズ

 

 

題材は建築平面間取り図・立面図・求積図と、LT故の制限はあるものの3D鳥瞰図まで描けるのが面白くそんなことまで出来るのかとおどろきます。

 

 

現在のバージョンのマクロ操作のインターフェイスは、この本の説明だと分かりにくく、ネットの情報と合わせて読み換える必要はありますが、簡単なマクロは使えました。

 

 

この本とスイスイおぼえるAutoCADで勉強すればイッキに上級者になれる良書です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました